「ローカルグッド」が目指すこと――「コミュニティ」経済の創造

税収が減り、社会コストが増える中、公益を担保していくためには、地域に住み暮らす市民や企業が、地域のことに意識を持ち、それぞれができる範囲で時間・知恵・お金を「投資」をすることができるかどうかにかかっています。

「LOCAL GOOD」では、地域に住み・暮らす住民や企業、NPO法人などの民間主体が中心となって、顔の見える関係を大切にしながら、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に多くの主体が参加するきっかけをつくっていきます。

LOCAL GOODへの参加のしかた

地域を知ろう

地域で起こっていること、地域の課題や、それに取り組む人のことを知ることからスタートしましょう。 各地のコミュニティカフェで開催するカフェトーク、データビジュアライズの勉強会、自治体と連携して行うフューチャーセッションなど、様々なイベントも開催しています。

クラウドファンディング、スキルマッチングに参加しよう

クラウドファンディングで資金を集めたり、スキルマッチングでプロボノとして地域の課題解決に参加しましょう。 LOCAL GOODは、地域課題を解決するためのプロジェクトの資金調達やプロモーションの仕方を、プロジェクトオーナーの皆さんと一緒に考え、課題解決のためのお手伝いをしていきます。

サイトコンテンツについて

課題を知る

各地域にある課題やその課題への取り組みを紹介します。

データをみる

デザイナーやクリエイターが各地域の課題や現状に関するデータをもとに情報をデザインしました。

活動を知る

ニュースやイベント、地域で活動する人たちのインタビュー、調査レポートなど。

支援する

クラウドファンディングプロジェクトへの寄付やスキル提供